【最強美エクササイズ!「ピラティス」で美Bodyに♪】「ピラティス」って何?「ヨガ」と何が違うの?

八王子の南大沢・京王堀之内エリアにある
常温ヨガスタジオ アナハタ
代表インストラクターのMaoです。

さて、今回は、アナハタの人気レッスン
「ピラティス」
について、お話していきます♪

そもそも、
「ピラティスって何?」
「ヨガとピラティスって何が違うの?」

あと、結構、名前が覚えにくいみたいで、
ティ ラピス」
っておっしゃる方がとても多い。笑笑

正しくは
 ラティス」
です。笑

「ピラティス」ってなに?!

「ピラティスって、なに?」

という質問に、超どシンプルに回答しますと、

「体幹を鍛えるエクササイズです!」

となります。

多くのスポーツ選手も、日々のトレーニングに
「ピラティス」を取り入れています。

「体幹」とは、
頭と四肢(腕と脚)を除いた
「胴体」の筋肉のこと。

つまり、肩・背中・お尻・お腹を鍛えていく
エクササイズ。

特に、
骨盤・背骨・肩周り
の正しいアライメント(位置)
を意識することで、
体幹にアプローチしていきます。

自分の腕と脚を重りとして、動かすけれど、
体幹の安定をキープしながら、
「ゆっくりと」
「正しく」
「呼吸をつづけながら」
「コントロールして」
動いていくことで、
筋肉の深層部が鍛えられます。

「ピラティス」はこんな人に向いています♪

「ピラティス」はヨガと同じく、
ヨガマットと、自分の体さえあれば始められる、
とってもお手軽なエクササイズです。

是非、身近にピラティスのレッスンがあれば、
一度チャレンジしてみてください。^^
私が考える、ピラティスに向いている方は、下記の通りです。

<「ピラティス」に向いている方>
・パワーヨガや、身体を動かすのが好きな方
・筋肉をつけて、体を引き締めたい方
・ダイエットをしているけれど、ジムでの筋トレが苦手な方
・エアロビやダンスのように激しく動くより、一人でゆったりと鍛えたい方

私自身、インストラクターになる前は、
ジムのスタジオプログラムに挑戦したこともありましたが、
パワー系や、音楽に合わせて動くエクササイズは
苦手で、もっぱら、
「ヨガ」と「ピラティス」
のみ参加していました。

「ピラティス」と「ヨガ」の違いは?

「ピラティス」と「ヨガ」って、
何かと似たようなイメージが多いようですが、
実は全くことなるものです。
ここでは、特に下記3つにフォーカスしてご説明しますね。

目的の違い

ピラティスの目的

「ピラティス」の目的は、
「身体をととのえる」
ことです。
だから、エクササイズなのです。

呼吸と共に、心と体をコントロールして、
強くしなやかな骨格・筋肉を整えることがゴールです。

正しい骨盤・背骨・肩周りのアライメント(位置)をととのえることで、
美しい姿勢を作っていくことを目的としています。

ヨガの目的

「ヨガ」の目的は、
「本来の自分に出会える心と身体を作り出す」
こと。

主に身体にフォーカスするエクササイズの「ピラティス」よりも、
生きるための哲学である「ヨガ」は、
すこしスピリチュアル的な観点が強いです。

心と身体のつながりを、ポーズをしながら呼吸を深めることで
感じていきます。
呼吸・ポーズ・瞑想を通して、
内側からも外側からも、整えていきます。

心と身体はつながっているので、
心が整えば、身体も整います。
その逆も言えます。

その結果、
余計なものを削ぎ落とした
安定した豊かな心
だけでなく、
しなやかな筋肉で整った身体
になっている。
というのが、「ヨガ」のゴールです。

呼吸の違い

ピラティスの呼吸

「ピラティス」では主に、
胸式呼吸
です。
お腹は常に凹ませたまま、
鼻から吸って、胸・背中に空気を入れ、
口から吐いて、全部空気を吐き出します。

呼吸するごとに、
吸っては、肋骨が外側にひらき、
吐いては、肋骨が内側に閉じていきます。

力強い動きをするときに、用いられる呼吸法です。

ヨガの呼吸

「ヨガ」では様々な呼吸法がありますが、
基本は
腹式呼吸
です。

鼻から吸って、お腹に空気をいれて
(口からではなく、)
鼻から吐いて、お腹へこませます。

リラックスしたいときに、用いられる呼吸法です。

動きの違い

ピラティスの動き

エクササイズですので、常に呼吸と共に動きます。

キープすることもありますが、
体幹に効かせたところでキープするので、
とてもキツイです。笑

↑この状態で、体幹(胴体)を動かさないように
腕や脚を動かしたり、
キープしたりして、
体幹の深層部の筋肉まで、アプローチしていきます。

背骨を一骨一骨コントロールして動かしたり、
骨盤を動かさずに上半身にねじりを加え、
動いていきます。

ヨガの動き

「ヨガ」では、ゆったりとした腹式呼吸とともに、
一つ一つ丁寧にポーズをキープしていきます。

「ポーズをとっている自分自身が心地よいこと」
が最優先になります。

もちろん、怪我のないように、注意しないといけない
ポーズもありますが、無理してそのような
ポーズをとる必要はありません。
ご自身の心と身体の状態に合わせて、
ポーズとともに、
心と身体を整えていきます。

太陽礼拝やアシュタンガヨガでは、
一呼吸一動作で動いていきますが、
重要なのは、
その一つ一つのポーズが安定していて、
呼吸を心地よく続けられていること、になります。

「ピラティス」の効果5つ

腹筋がうっすら見えるように!憧れの平らなお腹に近付く!

ぜひ、「ピラティス」のレッスンを受けて体感してほしいです!!
レッスン中は、
「これでもか!」
と腹筋を使うので、少しキツイと感じるかもしれませんが、
次の日のお腹が、
目に見えて変化します!!

内側から引き締まって、
お腹が平らになりますよ!

この目に見える効果があるから、
「ピラティス」の虜になってしまうのです♪

姿勢がよくなり、身長が伸びる!まだまだ成長期!笑

よく、ピラティス専用スタジオだと、
身長計があったります。

レッスン前とレッスン後だと、5mmほど
身長がのびることもしばしば。

歪んでいた背骨が整ったり、
骨盤の歪みがととのって、脚が真っ直ぐに近づいたり、
前にでていた首が正常な位置にもどるので、
若干ですが、身長がのびることもあります。

※私生活において、必ずまた歪みますので、
 もとに戻りますが。

レッスンを重ねるごとに、徐々に歪みが改善されるので、
継続していれば、少し身長が伸びることもありますよ♪

腰痛の緩和、O脚・X脚の改善

腰痛や、脚の歪みは、
骨盤・背骨の歪みから来ることがほとんどです。

一回のレッスンですべてが改善するわけでは、
もちろんありません。

ですが、
腰痛には、お腹のインナーマッスル
腹横筋
を鍛えられるピラティスは本当にオススメです。

同時に背骨や骨盤周りの歪みも整っていくので、
根本的解決へアプローチできます。

同時に、骨盤周りが整ってくるので、
脚の歪み解消にも効果があります。

背骨が柔らかくなり、自律神経が整う

「背骨が柔らかくなるってどういうこと?」
と思う方もいらっしゃるとおもうのですが。

背骨は、24個の骨が、積み木のように
つながってできています。
その骨の周りの筋肉が固くなってしまったり、
骨と骨の間に異常が生じてしまうと、
なめらかに背中を
丸めたり伸ばしたり
ができなくなってしまうのです。

これが、
様々な不調を招きます。
腰痛や肩こりもそうですが、
背骨が固くなると、
自律神経が乱れます。

ピラティスでは、特にこの背骨の動きにフォーカス
するエクササイズなので、
結果として、自律神経も整い、
不眠・偏頭痛・自律神経失調症の緩和に
繋がることも多いです。

しなやかな筋肉がつくので、柔軟性も上がる

インナーマッスルにもアプローチしていくので、
柔らかくしなやかな筋肉が整っていきます。

柔軟性は柔らかい筋肉を作り出すことによって
高まっていきます。

もちろん、ピラティスを続けることで、
柔軟性も高まります。

なぜヨガスタジオに「ピラティス」のレッスンがあることが多いの?

これは、ちょっと余談になります。

こんなにも、
「ピラティス」と「ヨガ」って違うのに、
なぜ、よくヨガスタジオに「ピラティス」のレッスンがあるの?

という素朴な疑問。。。。。笑

これは、「ピラティス」と「ヨガ」の共通点に
視野を向けてみたら、わかりました!
(※私なりの考察です。笑)

まず。
両者とも、
ヨガマットと身体
があればできるってこと。

つまりヨガスタジオは「ピラティス」もできます!
逆ももちろんそうですよ!

次に。
正しく体幹を使う・鍛える
ということは、共通しているので、
目的がちがっても、
結果として、
「ピラティス」と「ヨガ」は
似たような動きをとる、というのは、
間違ってないと思います。

よって、多くのヨガスタジオでも、
「ピラティス」のレッスンを取り入れているところが多い
ように思います。

是非、「ピラティス」と「ヨガ」を両方、
日常にとりいれてみてください♪

ダイエットには是非「ピラティス」も取り入れて!

さて、ここまで、「ピラティス」について、
お話ししてきたので、お気づきの方も多いと思いますが、
ダイエットには、是非「ピラティス」をエクササイズとして
取り入れてもらいたいです!

正しく筋肉にアプローチするので、基礎代謝があがり、
美しくしなやかで、引き締まった身体を手に入れることができます♪

ジムでの筋トレが苦手でも、ピラティスであれば楽しく続けられるかもしれません^^
ぜひぜひ、一度、「ピラティス」のレッスンにも参加してみてください♪

ヨガスタジオアナハタ インスタ

ヨガスタジオアナハタ HP

関連記事

PAGE TOP
アナハタのレッスンを予約する方はこちら
レッスンを予約する
アナハタのレッスンを予約する方はこちら
レッスン予約